Company



Company Profile会社概要


社名
株式会社 萌(MOE CO., LTD.)
MOE: MARELLI ORIENTAL ENTERPRISE
設立
1979年 7月 16日
事業内容
ブランドライセンス及び業務代行。
海外輸出入サポート、展示会サポート等。
代表者
代表取締役会長 / 水口 慶子
代表取締役社長 / 水口 晶子
本社所在地
〒162-0828
東京都新宿区袋町5-1 FARO神楽坂1F
連絡先
03-6403-5615
URL
https://www.marelli.co.jp



Messageメッセージ


弊社は、長い間ブランドビジネスに携わり、数々のブランドを日本に導入して参りました。現在は1906年創業のイタリアブランド「マレリー」を、日本・東南アジアを中心にライセンス展開しております。マレリー家とは二代目から現在に至るまで世代を越え、関係が続いており、イタリアの情報をライセンシーの皆様にお届けしております。
また、これまでのヨーロッパとの繋がりや経験を生かし、イタリアを中心に欧州のブランドを日本で展開するサポートをしております。現在は、イタリアのARTPELLE社が展開するバッグ〈APbag〉、フランスSODOPAC社のルームシューズ〈airplum〉、オーストリアGOTTSTEIN社のスリッパ〈Kiz-pichler〉、イタリア各地のシューズメーカーなど、品質が高く、洗練された商品を中心に日本へ輸入、販売サポートを行なっております。
ご要望に応じて、イタリアの展示会出店サポート、アテンド、メーカー交渉など、イタリアとの接点を活かした業務支援も可能です。
今後も日本で展開されていない、付加価値の高いブランドをイタリアを中心に紹介していきたいと思っておりますので、ご興味のある方は是非ご連絡をいただければと思います。

代表取締役  水口 晶子



Development会社沿革


創業者である水口慶子が、ユニオントレーディング株式会社在職中、伊・仏の有名ブランド各社(Marelli、Christian Dior、Charles Jourdan、Balenciaga、Mila Schon、Andre Courreges等)との直接交渉によりブランドライセンシー権を取得。
日本におけるブランドライセンスビジネスの先駆者として、培った経験とノウハウをさらに発展させるべく、マレリージャパン株式会社(現・株式会社萌)をファッションライセンス事業専業会社としてスタートさせました。

1979年
マレリージャパン株式会社設立(イタリア・マレリー社と合弁会社)
1982年
ライセンス契約により、靴以外にベルト・革小物を展開
1988年
NAGASHIRO CO., LTD.の協力により、「台北そごう百貨店」にマレリーショップ第1号店がオープン
1989年
株式会社 萌 に社名変更
1993年
マレーシアでライセンス生産・販売を開始。
2016年
イタリア・マレリー社  創業110年
2021年現在
靴、ベルト・革小物、手袋、スリッパ、タオル、シャツ、ネクタイ、時計、傘、鞄、毛皮を主な百貨店、量販店、カタログ販売等で展開中。



Founder Profile創設者プロフィール


代表取締役会長  水口 慶子

1961年
慶應義塾大学経済学部卒業。卒業後イタリア、ドイツ、アメリカへ留学。
イタリア、フォコラーレ服飾学院卒業。イタリア留学時に、ペピーノ・マレリー氏(イタリアマレリー社第3代社長)と出会う。国内外のファッション業界で活躍、「ハイミセス」(文化出版局)の専属モデルとしても活躍する。
1967年
株式会社ユニオントレーディング代表取締役社長に就任。
1979年
マレリージャパン株式会社設立/代表取締役社長に就任。
1989年
マレリージャパン株式会社を「株式会社 萌」に社名変更。
2015年
代表取締役会長に就任。
2019年
6月、自叙伝『La Bella Vita』を出版。

弊社は、国際セラピードッグ協会と
セラピードッグたちの活動を支援をしております。

セラピードッグは、人への忠誠心と深い愛情で、高齢者を始め、障がいを持つ方や病気(癌や精神)の治療を必要とする患者さんの身体と精神の機能回復を補助する活動をしています。国際セラピードッグ協会では、捨て犬や東日本大震災により被災し、行き場を失った犬達を救助してセラピードッグに育成しています。様々な理由から保護者を失った犬たちを「殺処分」から救い、彼らが第二の犬生をセラピードッグとして生き、社会福祉に貢献することで、人と犬が共生することのできる社会の実現を目指しています。

(一財)国際セラピードッグ協会について

WEBサイト:https://therapydog-a.org/