· 

「音で幸せを届けたい」佐藤友紀さん(トランペット奏者)

日本を代表するトランペット奏者、佐藤友紀さんにマレリーの靴を履いていただきました。

佐藤友紀さんは、東京交響楽団首席トランペット奏者として活躍する傍ら、ソロやアンサンブル、またジャンルを超えた楽器とのコラボレーションにより、トランペットの持つ魅力と可能性を伝え続けています。

——プロを目指したきっかけは?

両親が音楽好きで、小さい頃からピアノやフルートなどいろんな楽器を経験させてもらいました。小学4年の時にトランペットを買ってくれて、それが、周りがビックリするくらいに簡単に音が出てしまって…。以来、すっかり夢中になりました。運命の出会い(?)だったのかもしれませんね。両親には感謝しています。

——藝大卒業時に優秀者に贈られるアカンサス賞を受賞。国内外の数々のコンクールで入賞されますが、その後、奨学金を得て海外へ留学。海外で得られたことは?

ヨーロッパでは素晴らしい師やアーティストとの出会いで多くの事を学びましたが、クラシック音楽が特別な空間でなく、生活の中にあったことが、今の自分の考え方や成長に繋がっているんじゃないかと思います。

——音楽家として、今後の抱負をお聞かせください

これからもできるだけ多くの方に僕の音楽を聴いていただき、幸せを感じてもらえたらと思っています。

——最後に、マレリーについて

フィット感がすばらしいですね。この軽さも初めての体験です。
履いているのを忘れてしまうくらい。演奏旅行の時はたいてい持っていきます。
トランペットのケースにポンと入れて運んでいます。(笑)

——大切な楽器と一緒に運んでくださってありがとうございます。


この日は、ご自身で企画から携わっている「おやこで楽しむコンサート」が開かれた日。その終演後にお話しを伺いました。年間150回以上のステージをこなされている佐藤さん。オフの楽しみは、もうすぐ2歳になる“パパ大好き”のお嬢さんからもらう「癒し」、だそうです。

これからもご活躍を期待しております。

佐藤友紀さんに履いていただいた靴
MARELLI マレリー | 超軽量:No.MR401


佐藤友紀さんのプロフィール

東京藝術大学音楽学部卒業。アカンサス音楽賞受賞。第16回日本管打楽器コンクール第1位。第69回・第72回日本音楽コンクール第2位。第2回リエクサ国際ライモ・サルマス・トランペットコンクール入選。第6回フィリップ・ジョーンズ国際コンクール第3位。2003年よりドイツ国立ハンブルク音楽大学に留学。2006年、東京交響楽団に首席奏者として入団。これまでに岡田治久、杉木峯夫、福田善亮、E・コード、故P・ティボー、マティアス・ヘフスの各氏に師事。

現在、東京交響楽団首席トランペット奏者。シエナ・ウィンド・オーケストラ客員契約団員。東京アトラクティヴ・ブラス、BRASSTONE各主宰。東京藝術大学、洗足学園音楽大学、各非常勤講師。日本トランペット協会常任理事。

オルガニストの高橋博子さんと共演したソロ・アルバム「Prayer」。

 (マルティーニ:トッカータ、バルダッサーレ:トランペット・ソナタ第1番、シューベルト:アヴェ・マリア、アルビノーニ:トランペット協奏曲、テレマン:英雄的行進曲他)